教育方針(3つのポリシー)

教育方針(3つのポリシー)

ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針)

国際基督教大学(ICU)は、キリスト教の精神にもとづき、世界人権宣言のもと、平和を構築する地球市民としての教養と責任を身につけ、神と人とに奉仕する有為の人材を育成することを目的としています。その実現のため、3つの使命、すなわち学問への使命、キリスト教への使命、国際性への使命を掲げ、文理を超えた幅広い分野で所定の教育課程を修め、以下のような能力を身につけた者に対して学位を授与します。

1. 学問の基礎を固め、自発的学修者として主体的に計画を立てつつ、創造的に学んでいく能力
2. 日英両語で学び、世界の人々と対話できる言語運用能力
3. 自他に対する批判的思考力を基礎に、問題を発見し解決していく能力
4. 文理を問わず多様な知識を統合し、実践の場で活用する能力
5. 効果的な文章記述力とコミュニケーション力に基づく説明能力

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

ICUはその理念と目的に基づき、ディプロマ・ポリシーに示す能力を持った人材を育成するため、以下のようにカリキュラムを編成しています。

リベラルアーツ教育のもつ"Later Specialization"(専門化を急がず、自分にあった専門を見きわめるべく幅広く学ぶための時間を重視する)という考え方に立ち、少人数教育により学生1人ひとりが主体的に科目を選択できるよう適切なアドヴァイジングを行います。全体のカリキュラムは、大きく「全学共通科目」と「専門科目」に分かれ、横糸と縦糸を構成します。

全学共通科目には、語学、一般教育、体育があります。まず、1、2年次に履修する「語学教育科目」(語学要件により、英語あるいは日本語)では、バイリンガリズムの理念に基づき、単に言語の運用能力だけでなく、言語を通して論文作成やディスカッションの技能を身につけ、批判的思考と対話力など、アカデミックな技法を修得します。英語・日本語以外を学ぶ「世界の言語」では、未知の文化や考え方に触れ、より広い視野を養います。4年間をとおして学ぶ「一般教育科目」は、人文科学、社会科学、自然科学の3系統から構成され、さまざまな学問の本質に接することで、専攻したい分野の発見を助ける一方、複数の視点からその分野やテーマを位置付ける機会を提供し、教養教育の要として重要な役割を果たしています。また、「保健体育科目」は、知・徳・体のバランスを取り、全人的に成長することを促します。これらの「全学共通科目」を通して、学生はさまざまな知の世界に触れて幅広い視野や柔軟な思考力を身につけます。

すべての学問に通じる知的営みの基礎を築いた上で、2年次の終わりまでに、人文科学・社会科学・自然科学の諸分野からメジャー(専修分野)を決定し、中級以上のコースでは少人数による演習や実験の授業で専門を深めます。学際的なメジャーの存在に加え、ダブルメジャー、メジャー・マイナーを選択して複数の専門を同時に深めることも可能です。多様な学問領域での学びをとおして知識の有機的な統合をはかり、4年次には学業の集大成として、全員が1年間(3学期)かけて「卒業研究」を行います。その過程では、4年間をとおして学んだ知識や思考力を特定のテーマに収れんさせ、卒業論文という具体的な形にまとめることで、知的な成果を発信することを学びます。

ICU は、世界人権宣言の原則に立ち、「責任ある地球市民」として世界の平和と 多様な価値観を持つ人々との共生を実現するためにリベラルアーツ教育を実践 しています。献学以来、その名に示されるように、国際性への使命、キリスト教への使命、学問への使命を掲げて、「行動するリベラルアーツ」の伝統を築いてきました。グローバル化する現代の社会でこの理念を実現してゆくために、 ICU では日本全国および世界各地からの次のような資質を持つ学生を求めています。

・ 文系・理系にとらわれない広い領域への知的好奇心と創造力
・ 的確な判断力と論理的で批判的な思考力
・ 多様な文化との対話ができるグローバルなコミュニケーション能力
・ 主体的に問題を発見し、果敢に問題を解決してゆく強靭な精神力と実行力

日本あるいは世界各国の教育制度で、文系・理系にとらわれず幅広く学び、各教科・科目の基礎知識を関連づけて行動する知性へと変革する能力や外国語によるコミュニケーション能力を備えていることを重視します。

自己と世界の変革に挑戦するさまざまな可能性に満ちた学生を受け入れるため、 教養学部では多様な選抜方法と多元的な評価尺度による入学者選抜を実施して います。

ページTOP