リベラルアーツ英語プログラム(ELA)

リベラルアーツ英語プログラム(ELA)

英語力を高め、思考力を養う

ELA_top.JPG

「リベラルアーツ英語プログラム(ELA:English for Liberal Arts Program)」は、学生の英語力を向上させると同時に、ICUで効果的に学ぶための思考力と技術を養う、リベラルアーツへの重要な導入教育です。

主に日本語を母語とする学生が、1年次の大半を費やして集中的に学びます。習熟度に応じて課程(Stream 1~4)が決まり、各課程では約20人ずつの「セクション」と呼ばれる少人数のクラスに分かれ、週4コマから11コマの授業を履修します。

授業では、「異文化間コミュニケーション」や「生命倫理」などのトピックに関連した文献を読み、議論し、小論文を書くといった学術活動に取り組むなかで、独創的、批判的、主体的に考える力を身に付けていきます。さらに、すべて英語で行われる授業に参加することで、大学で必要となる実践的な英語力を磨きます。

ディレクターメッセージ

グローバル社会で活躍する英語力を身につける集中英語

岩田祐子 教授
リベラルアーツ英語プログラム主任

リベラルアーツ英語プログラム(ELA)の目標は二つあります。第一は学生の英語力を伸ばすことであり、第二は大学で学問を学ぶために必要な批判的思考力や学習スキルを習得させることです。この二つはICUのリベラルアーツ教育には不可欠の要素です。この二つの目標を実現するために、ELAの授業は、すべて英語で、約20人の少人数のクラスで行われます。

ELAは一人一人の学生の英語力やニーズに合った英語教育を提供しています。教員やクラスメートと活発にやり取りしながら、多様な種類のアカデミック・スキルを英語で学びます。たとえば、アカデミックな内容の英語の文章を批判的・分析的に読む力、自分の考えや意見をディスカッションし発表する力、ノートを取る力、他の学生が言ったことを聞き取る力、アカデミックな内容のものを英語で書く力などを伸ばしていきます。アカデミック・ライティング・スキルを伸ばすために、授業以外に教員との個人指導(チュートリアル)もあります。ELAの最終段階では、自分が関心のあるテーマを選び、そのテーマについて資料を集め、英語で論文を書きます。

このように集中的に英語を学ぶことで、リベラルアーツの授業を英語で学ぶことのできる英語力を習得します。また独創的・批判的・主体的な思考を英語でできる人になることを目指します。

RELATED PAGES

ページTOP